わかりやすく解説! 簿記

売買目的有価証券(切放法)

   


売買目的有価証券とは
時価の変動により利益を得ることを目的として保有する有価証券をいいます。
表示区分は流動資産となります。
一覧表 売買目的有価証券

金額は時価を用いて、決算時の評価差額は当期の損益として処理します。
売買目的有価証券 一覧 切放






スポンサードリンク

1年目 期中

A株式を100円で購入

売買目的有価証券 100 現金預金 100




B株式を200円で購入

売買目的有価証券 200 現金預金 200






1年目 期末

有価証券評価益、評価損の計上

A株式は購入時100から期末時150に上昇

売買目的有価証券 50 有価証券評価益 50


B株式は購入時200から期末時180に下落

有価証券評価損 20 売買目的有価証券 20




有価証券評価益、評価損の相殺

2銘柄以上保有し、有価証券評価益と評価損が発生した場合、相殺します。

有価証券評価益 20  有価証券評価損 20




財務諸表

仕訳した売買目的有価証券は、財務諸表では有価証券となります。
bs(売買目的有価証券)

pl(売買目的有価証券)






スポンサードリンク

2年目 期首

A株式

仕訳なし


B株式

仕訳なし






2年目 売却時

売却時、A株式は150から170に上昇

現金預金 170 売買目的有価証券 150①
       有価証券評価益 20②

①1年度期末評価額
②差額

売却時、B株式は180から160に下落

現金預金 160  売買目的有価証券 180
有価証券評価損 20




 関連記事

 ・満期保有目的債券
 ・その他有価証券



 - 有価証券


1番上へ