キャッシュ・フロー 間接法③ 資産・負債





はじめに

キャッシュ・フロー計算書 間接法全体像

キャッシュ・フロー計算書の直接法と間接法は、下記の図のように営業キャッシュ・フローの小計までが異なり、小計以降は同じ様式・計算方法になります。

CF間接法 全体像


間接法 調整項目

間接法の調整項目は次の3つがあります。
①営業外損益、特別損益
②非資金損益項目
③資産・負債の増減

①営業外損益、特別損益、②非資金損益項目とみてきました。

間接法の小計までの最後は、③資産・負債の増減項目を見ていきます。
1キャッシュフロー資産負債






資料

10CF非資金項目 BS

11CF非資金項目 PL






売上債権の増減額

仕訳は次のようになります。

売上計上時
売掛金等 XXX 売上 XXX

入金時
現金預金 XXX 売掛金等 XXX


売上高 除去

売掛金 10,000 売上 10,000

間接法では、上記の仕訳が含まれています。
この仕訳は現金の動きがない仕訳です。

そのためC/F間接法では除去します。
売上高は収益なので、除去するということはマイナス要因です。
20間接法 債権 除去


債権 現金収入

現金預金 9,500  売掛金 9,500

売掛金の現金収入が発生しているので計上します。
売掛金の現金収入なので、現金のプラス要因です。
21間接法 債権(入金のみ)


売上と債権現金収入 合算

以上のことから、
(△)売上+債権現金収入
となります。
21a間接法 債権(除去入金)

結果、△500となりました。
この金額は、B/Sの増減額と一致するはずです。


B/Sの増減額

22間接法 BS
B/S増減額から△495となりました。
上記では、△500だったのでB/S増減額△495の差額5あります。
この差額はなんでしょうか。


差額は貸倒

実際すべき計上額△500とB/S増減額△495の差額の理由は、債権の貸倒と考えられます。

貸倒引当金 5 売掛金 5

B/S増減額は本来の金額ではないですが、このB/S増減額を使います。


差額調整

B/S増減額を用いることによって差額5が出ましたが、この差額は貸倒引当金の増減額でも差額△5が発生し、両者の差額の結果、相殺されます。
貸倒引当金の増減額の記事を新しいタブで開く
このことから、債権の増加額は、貸倒が発生し本来計上すべき金額と差額が出ますが、貸倒金額引当金の増減額で相殺されるため、B/Sの増減額から算出することになります。

30キャッシュフロー非資金項目(貸倒引当金)





棚卸資産の増減額

期首商品棚卸高

仕訳は、

仕入 1,100 繰越商品 1,100

となります。

期首商品棚卸高と期末商品棚卸高の仕訳は、現金取引のないため除去します。
期首商品棚卸高の振替は、資産の商品を、仕入に振替える仕訳です。
仕入は費用なので、除去するということはプラス要因です。
30間接法 期首棚卸 除去


期末商品棚卸高

仕訳は、

繰越商品 900 仕入 900

となります。

期末商品棚卸高は費用のマイナスなのでプラス要因です。
プラス要因を除去するということはマイナス要因となります。
31間接法 期末棚卸 除去

期首棚卸資産と期末棚卸資産 合算

以上のことから、
期首商品棚卸高-期末商品棚卸高
となります。
棚卸資産の増減額





仕入債務の増加額

仕訳は次のようになります。

仕入時
仕入 XXX 買掛金等 XXX

債務支払時
買掛金等 XXX 現金預金 XXX

仕入 除去

仕入 6,200 買掛金 6,200

が含まれています。
この仕訳は現金の動きはない仕訳です。
そのためキャッシュ・フロー計算書から除去します。
仕入は費用なので、除去するということはプラス要因です。
40仕入債務 除去


債務 現金支払

買掛金 6,400 現金 6,400

買掛金支払の支払が発生しているので計上します。
買掛金支払なので、現金のマイナス要因です。
41仕入債務 支払


仕入と債務現金支払 合算

以上のことから、
仕入-買掛金支払
となります。
42仕入債務 除去支払

この動きを見るには、B/Sの買掛金の増減を見ることでわかります。
しかし、B/Sの増減でなぜ調整できるか。
そちらを見ていきます。


なぜB/Sの増減で調整できるか

仕入による買掛金の増加
上記の結果から、「仕入の発生は、C/F間接法をプラスさせる」ことがわかりました。
仕入が発生(増加)すると、相手勘定の債務も増加します。
ということは言い換えれば、「債務の増加は、C/F間接法をプラスさせる」ということになります。
30間接法 債務(計上のみ)

40仕入債務 除去



債務支払による出金
上記の結果から、「債務支払いによる出金は、C/F間接法をマイナスさせる」ことがわかりました。
30a間接法 債務(支払のみ)

※買掛金のマイナスになることは本来ありません。マイナスになった原因は今期仕入債務が計上していないためです。債務支払6,400だけの結果を貸借対照表で見ていただきたかったためあえて載せました。

41仕入債務 支払


結果

このようにB/S買掛金の増減額を計上することにより、現金の動きがない仕入を除去し、現金の動きがある買掛金支払を計上することになります。
31間接法 債務(計上+支払)

42仕入債務 除去支払

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする