棚卸資産

棚卸資産

商品有高帳(先入先出法)

前提条件 期首繰越商品の内訳 50個×100(単価) 4/5 仕入 単価105を80個仕入れた。 ①前期繰越分(単価100)と今回仕入分(単価105)は単価が異なるため、残...
棚卸資産

商品有高帳(移動平均法)

前提条件 期首繰越商品の内訳 50個×100(単価) 移動平均 4/5 仕入 単価105を80個仕入れた。 ①20個(前期繰越 数量)+80個(今回仕入数量) ②2,000(...
NO IMAGE 棚卸資産

他勘定振替高・棚卸減耗費・商品評価損

前提条件 期末帳簿棚卸高 :40個 単価(原価)10 実地棚卸高   :17個  不足分内訳  ・火災による損失:15個  ・見本品として提供:5個  ・棚卸減耗費:3個 品質低下   : 2個 正味売却価額単...
棚卸資産

売価還元法

売価還元法 売価還元法とは、 異なる品目の資産を値入率の類似性に従ってグループに区分し、一グループに属する期末商品の売価合計額に原価率を適用して、期末棚卸品の金額を算定する方法です。 取扱品種が多い小売業にて棚卸資産の評価...
棚卸資産

【会計基準】棚卸資産の評価に関する会計基準(わかりやすく解釈)

棚卸資産の評価方法 購入代価または製造原価に引取費用等の付随費用を加算して取得原価とします。 取得原価=購入代価(製造原価)+引取費用等 評価方法は下記から適用し、売上原価等の払出原価と期末棚卸資産の価額を算定します。...