外貨換算会計





取引発生時の処理
 外貨取引は、原則として、当該取引発生時の為替相場による換算額を用います。

決算時の処理
外国通貨
 外国通貨については、決算時の為替相場による換算額を用います。
貨建金銭債権債務
 外貨建て金銭債権債務については、決算時の為替相場による換算額を用います。

換算差額の処理
 決算時における換算によって生じた換算差額は、原則として、当期の為替差損益として処理します。

決済に伴う損益の処理
 外貨建金銭債権債務の決済に伴って生じた損益は、原則として、当期の為替差損益として処理します。

SR(スポットレート)    :直物取引相場
FR(フォーワードレート) :先物取引相場
HR(ヒストリカルレート)  :取引時相場
CR(カーレントレート)   :決算時相場
AR(アベレージレート)  :期中平均相場
HC(ヒストリカルコスト)  :外国通貨による原価
CC(カレントコスト)    :外国通貨による時価原価






輸出時

輸出時

外国に20ドルで輸出
1ドル=100

売掛金 2,000①  売上 2,000

①@100×20ドル



入金時

売掛金20ドルのうち、10ドルが入金
1ドル=90

現金預金 900②  売掛金 1,000①
為替差損 100③

①@100×10ドル
②@90×10ドル
③差額



決算時

10ドルが未決済
1ドル=110

売掛金 100①  為替差益 100

①(@110-@100)x10ドル
決算時100増加しているので、売掛金を増加させる





輸入時

輸入時

外国から10ドルを掛けで輸入。
1ドル=100

仕入 1,000   買掛金 1,000①

①@100×10ドル



支払時

買掛金10ドルのうち1ドルを支払
1ドル=90

買掛金 100①  現金預金 90②
         為替差益 10③

①仕入時レート@100×1ドル
②支払時レート@90×1ドル
③差額



決算時

9ドルが未決済
1ドル=110

為替差損 90  買掛金 90①

①(@110-@100)x9ドル
決算時90増加しているので買掛金を増加させる





前受金を受取った場合

前受金受取時

外国企業A社に商品を販売する契約し、前受金1ドルが入金。
為替相場は1ドル=100

現金預金 100①  前受金 100

①@100×1ドル



販売時

外国企業A社に商品10ドルを販売し、前受金との差額は掛けとした。
為替相場は1ドル=105

前受金分
前受金 100①  売上 100

①販売時に振替。前受金は非貨幣なので再評価は行わない。

売掛金分
売掛金 945①  売上 945

①@105×[(10ドルー1ドル(前受金)]



売掛金入金時

売掛金残額9ドルが入金。
為替相場は1ドル=110

現金預金 990① 売掛金 945
        為替差益 45②

①@110×9ドル=990
②差額

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする