現金預金





現金

決算日は2年3月31日
帳簿上の期末残高:500
金庫内現金残高:340

先日付小切手

・売掛金の回収として、2年4月30日付の小切手40受取った。

受取手形 40①  売掛金 40

①決算日以後の日付の先日付小切手は、受取手形で処理します。

・親会社に対する売掛金の回収として2年5月31日付の小切手50を受け取った。

関係会社受取手形 50①  売掛金 50




自社振出の小切手

売掛金の回収として、自社振出の小切手60を受取った。

当座預金 60①  売掛金 60

①自社振出の小切手は当座預金で処理します。



収入印紙、切手等

期末に未使用分の収入印紙20、切手30が残っていた。

貯蔵品 50①  租税公課 20
        通信費 30

①未使用の収入印紙、切手は貯蔵品となります。



現金過不足

実際現金残高に合わせるため、下記の仕訳を行います。

雑損失 10  現金預金 10①

①実際現金残高340-帳簿残高350=△10
マイナスのため、現金を差引く。
現金






当座預金

A銀行
帳簿上の期末残高:880
銀行からの残高証明書:1,020

営業時間外入金

・決算日に110を入金したが、営業時間外だったため、翌日入金になっていた。

仕訳なし①

①銀行残高で調整します。



小切手未渡し

・事務用品の支払いのため、小切手120を振り出したが、未渡しだった。

当座預金 120①  未払金 120②

①渡していないため、当座預金の戻し(入金)を行います。
②未払金計上について

3/1に事務用品が届き、次回業者が来た時に渡すため、小切手を振出
事務用品費 120  当座預金 120


3/31決算時になっても業者が来なかったため、未渡しとなった。
          未払金
当座預金 120  事務用品費 120

単に逆仕訳すると、当期の費用である事務用品費が計上されなくなります。
そのため、事務用品費ではなく、未払金を計上します。




未取付

買掛金の支払いで小切手130を振り出したが、未取付であった。

仕訳なし①

①銀行残高で調整します。



帳簿残高と残高証明書の差額

調整後、下記のように一致しました。
当座



当座借越の場合

B銀行残高は△500でマイナスとなっている。

現金預金 500  短期借入金 500




定期預金

5年3月31日満期分が2,000あり、当座借越契約の担保に供している。





財務諸表

貸借対照表

BS



注記

長期預金2,000を当座借越契約の担保に供している。

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする