本支店会計(合併財務諸表)

5-1合併損益計算書 本支店
スポンサーリンク


概要

個別決算と合併財務諸表

本支店会計として、本店・支店別で個々の損益を求める個別決算と、本店と支店を合算する合併財務諸表があります。
本記事では、本店と支店を合算する合併財務諸表を見ていきます。


個別決算と合併財務諸表(合併財務諸表)




合併財務諸表の流れ

本支店会計の決算時における処理の流れを図にしました。


0本支店会計(合併) 決算の流れ

前提条件

0決算整理前試算表



未達取引

1未達取引w400



本支店間不一致

下記のように本店、支店間で不一致が生じています。
1-1決算整理前残高試算表 未達(不一致)合併



未達取引

不一致の原因として、本店から支店へ売上100が、支店側で未着のため未仕訳

支店側
本店より仕入 100  本店 100




本支店間一致

未達取引の仕訳を行った結果、下記のように一致しました。
1-2決算整理前残高試算表 未達(一致)合併” />



売上原価算定

本店の期末商品:250
支店の期末商品:165(すべて本店からの仕入分)
本店は支店売上時に10%利益を乗せて販売している。

本店
仕入 200  繰越商品 200
繰越商品 250   仕入 250


支店
仕入 100  繰越商品 100
繰越商品 165   仕入 165




減価償却費

定額法で残存価額はゼロ、5年処理。

本店
減価償却費 80① 減価償却累計額 80

①400÷5(販管費へ)

支店
減価償却費 40① 減価償却累計額 40

①200÷5(販管費へ)



決算整理後残高試算表

決算整理をおこない、下記のようになりました。
2決算整理後残高試算表(原価等)

本店・支店間の仕訳消去

3本店支店間の仕訳消去w400

相殺

本支店間の科目を相殺により消去します。
3-1本支店間 相殺前

本支店勘定相殺
本店 500  支店 500


本支店間取引相殺
支店へ売上 400  本店より仕入 400




相殺後

本支店間の相殺後下記のようになりました。
3-2本支店間 相殺後



内部利益

4内部利益w400

内部利益消去

決算整理後残高試算表に繰延内部利益10が残っています。
これを仕訳により消去します。

繰延内部利益 10① 繰延内部利益戻入 10②

①繰延内部利益が残っているための消去仕訳
②相手科目。期首商品棚卸高からマイナス



期末商品の内部利益

本店は支店に10%の利益を乗せて販売しております。
現在、支店の期末商品棚卸高165あり、これはすべて本店からの仕入となっております。
すなわち、支店の期末商品に本店の利益分が乗せてあるため、これを控除しなければなりません。

繰延売上利益控除 15① 繰延売上利益 15②

①165×0.1÷1.1 
本店が支店に売上時に利益を乗せてあった期末商品の利益分。
PLの期末商品棚卸高から控除します。
②BSの商品から控除します。



本支店合算

最後に、科目ごとに本支店の数字を合算し、合併損益計算書、合併貸借対照表を作成します。

合併損益計算書

5-1合併損益計算書
PL科目内訳
売上: 1,700=本店1,100+支店600
仕入: 700=本店550+支店150
販管費: 620=本店430+支店190
当期純利益490=収益(売上1,700)-費用(仕入700+販売費620)



合併貸借対照表

5-2合併貸借対照表
BS科目内訳
売掛金:1,410=本店1,000+支店410
繰越商品:400=本店期末商品250+支店期末商品150
機械:  600=本店400+支店200
買掛金:760=本店450+支店310
減価償却累計額:△120=本店△80+支店△40
繰越利益剰余金680=当期首残高360+当期純利益320