割賦販売 未実現利益整理法 回収基準





はじめに

割賦販売まとめ(未実現利益整理法 回収期基準)






前提条件

当期首は1期目で1年4月1日~2年3月31日
当期から割賦販売をはじめた。
010401

1期目 期中

仕入時

1年5月31日、仕入商品1,000を現金で支払い。

仕入 1,000  現金預金 1,000

010531仕入




割賦販売時

2年1月31日、原価250を500で販売。

割賦売掛金 500  割賦売上 500

020131割賦販売




割賦回収時

2年2月28日、当期割賦売上分100が入金

現金 100  割賦売掛金 100

020228回収








1期目 決算時

決算整理前残高試算表

020331決算整理前



売上原価の算定

期末商品は300

仕入 500 繰越商品 500
繰越商品 300  仕入 300




未実現利益控除

未回収分の利益を控除します。
利益を控除するには、売価に利益率をかけることで求めることができます。
020331割賦売上利益控除

繰延売上利益控除 200①  繰延売上利益 200

①原価250を500で販売したことから、利益率は0.5となります。
当期末割賦売掛金400×利益率0.5=200(利益)




決算整理後残高試算表

020331決算整理後





2期 期首残高

020401期首



2期 期中

仕入時

2年5月31日、仕入商品1,000を現金で支払い。

仕入 1,000  現金 1,000

020531仕入




割賦販売時

3年1月31日、原価245を350で販売

割賦売掛金 350  割賦売上 350

030131割賦販売




割賦売掛金回収

3年2月28日、前期分200、当期分100を回収

現金 300  割賦売掛金 300

030228回収





2年目 決算時

決算整理前残高試算表(一部)

030331決算整理前




売上原価算定

期末商品は200

仕入 300  繰越商品 300
繰越商品 200  仕入 200




前期割賦売掛金 未実現利益戻入

030331割賦売上利益戻入

繰延売上利益 100 繰延売上利益戻入 100①

①前期の割賦売上の利益率は0.5でしたので、
前期分割賦売掛金200×利益率0.5=100(利益)




当期割賦売掛金 未実現利益控除

030331割賦売上利益控除

繰延売上利益控除 175① 繰延売上利益 175

①原価245を350で販売
利益率:245÷350=0.7
250×0.7=175




決算整理後残高試算表

030331決算整理後




 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村