為替予約(振当処理)





為替予約とは
外国為替の業務を行う銀行との間で、企業が将来に外貨と日本円を交換するときに適用される為替相場を、現時点で前もって契約しておくことをいいます。

為替予約の会計処理には、独立処理と振当処理があります。
振当処理とは
為替予約によって確定した日本円の金額を、外貨建取引に振り当てて記録する方法をいいます。



仕訳一覧
為替予約(仕訳一覧)






輸入時

1年2月に商品10ドルを輸入。直物為替相場は1ドル=90円。
6ヶ月後の支払予定。

仕入 900①  買掛金 900

①10ドル×90円

020228bs






為替予約時

1年3月に先月の10ドルの買掛金に対して、1ドル=95円で為替予約。
直物為替相場は1ドル=100円。
為替予約 為替予約時(振当処理)




直々差額(外貨建債権債務の円換算差額算定)

為替差損 100 買掛金 100①

①[100(為替予約時の直物相場)-90(取引発生時の直物相場)]×10ドル=100
 プラスなので買掛金を増額




直先差額(為替予約円換算額と為替予約時の直物為替相場の差額)

買掛金 50① 前受収益② 50

①[95(先物為替相場)-100(予約時直物為替相場)]×10ドル=△50
 マイナスなので買掛金を減額
②なぜ前受収益勘定か
円換算額の差額は下記の仕訳となります。

買掛金 50  為替差益 50

しかしこの収益(又は費用)は、期間配分しなければなりません。
そのため、この時点での仕訳では前受収益(もしくは前払費用)となります。
時系列1 直先差額 発生時

020301bspl





決算時(1年3月31日)

前受収益

前受収益 10①  為替差益 10

①50(前受収益)×1ヶ月÷5ヶ月=10




為替差損、為替差益の相殺消去

為替差益 10①  為替差損 10①

①為替差損と為替差益が発生した場合は相殺します。

時系列2 直先差額 決算時

020331bspl





決済時(1年7月)

買掛金支払

買掛金 950① 現金預金 950

①予約レートで決済:10ドル×95(予約レート)




前受収益

前受収益 40①  為替差益 40

①50(前受収益)×4ヶ月÷5ヶ月=40

時系列3 直先差額 決済時

020731pl

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする