建設業会計(完成工事基準)





工事契約とは
建物のような、仕事の完成に対して対価が支払われる請負契約のうち、
基本的な仕様や作業内容を顧客の指図に基づいて行うものをいいます。

工事完成基準とは
工事が完成し引渡しが完了した時点で工事収益を計上する基準です。






1年目

1年目期首残高
・当期首着工で、工期は3年。
・工事高総額:1,000
1年目 完成工事



入金時

現金預金 100 未成工事受入金 100




材料購入(現金支払)

未成工事支出金 90 現金預金 90




当期末

仕訳なし




2年目

お客様から追加工事を請け、工事高の総額、見積工事原価総額に変更が生じた。
工事高総額:1,000→1,100
見積工事原価総額:500→550

2年目期首残高(完成基準)

2年目 完成工事

入金時

現金預金 300 未成工事受入金 300




外注費支払(掛支払)

支払は掛で翌期に支払

未成工事支出金 250 工事未払金 250




当期末

仕訳なし




3年目

3年目期首残高(完成基準)

3年目 完成工事

入金時

現金預金 500 未成工事受入金 500




材料費支払

未成工事支出金 160 現金預金 160




工事未払金支払

工事未払金 250① 現金預金 250

①2年目計上支払



期末(完成・引渡)

工事高総額:1,100

未成工事受入金 900① 完成工事高 1,100
完成工事未収入金 200②
完成工事原価 550 未成工事支出金 550③

①下記の表のように合計900入金があり、未成工事受入金勘定で計上しています。
  これを戻す仕訳を行います。
受入金 完成工事

②未入金分
完成工事高1,000に対し、現在まで900受け取っています(未成工事受入金)。
差額の100はまだ受け取っていないため、完成工事未収入金の科目で計上します。
③原価は1年目から3年目まで未成工事支出金で計上していました。
これを完成・引渡時にて原価に振替えます。
未成工事支出金 完成工事

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする