連結会計 2期目 ⑥貸倒引当金の消去 アップストリーム




連結会計の貸倒引当金消去の流れを見ていきます。
この記事の仕訳は、わかりやすいように、貸倒引当金消去に関するものだけを計上します。
そして、なぜ貸倒引当金消去時に税効果会計を適用するかを検証していきます。

それでは仕訳を見ていきます。法定実効税率は40%とします。
連結(貸倒引当金)概要






期中

親子間の売上

子会社は親会社に1,000を売上。

親会社
仕入 1,000  買掛金 1,000


子会社
売掛金 1,000  売上 1,000








個別 決算時

子会社は親会社への売掛金1,000に対し、5%の貸倒引当金を設定。

子会社
貸倒引当金繰入 50①  貸倒引当金 50

①1,000×5%





連結修正

売掛金、買掛金の相殺

買掛金 1,000  売掛金 1,000




貸倒引当金の消去

貸倒引当金 50  貸倒引当金繰入 50




法人税等調整額の計上

法定実効税率をかけたものと不一致
連結精算表の税引後当期純利益362と、税引前当期純利益570に法定実効税率40%をかけた結果の税引後当期純利益342と不一致生じています。
これは連結修正により、費用の減額を計上したにもかかわらず、法人税等はすでに会社別で確定しているため、変動しないことから不一致が生じています。
連結(貸引)2期 不一致

法定実効税率をかけたものと一致
一致させるには、法人税等調整額を計上します。

法人税等調整額 20①  繰延税金負債 20

①50(貸倒引当金繰入)×40%
連結(貸引)2期 一致



非支配株主持分負担

連結修正仕訳による損益変動分を、持株比率で非支配株主に振替
収益50(減価償却費の減額)-費用20(法人税等調整額)=利益30
利益30に支配株主持分割合20%を非支配株主持分に増額します。

非支配株主損益 6①  非支配株主持分 6
             当期変動額

①30×20%=6
連結(貸引)2期 非支配株主へ振替

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする