わかりやすく解説! 簿記

新株予約権・新株予約権付社債

      2017/07/31


新株予約権とは
株式会社に対して行使することにより、その会社の株式の交付を受けることができる権利をいいます。
新株予約権は、会社の役員や従業員などがその会社の株式を予め定められた価額で取得することを選択できる、いわゆるストック・オプションとして利用することができます。

新株予約権付社債とは
前もって決められた金額を払込んで新株を購入する権利が付与された社債を言います。
保有者が新株予約権を行使するには、行使価格に相当する現金を払込することによって新株が発行され、社債部分は新株予約権のない普通社債として変化して存続します。この社債本体と新株予約権を別個に認識する方法を区分法といいます。
発行者側は、最終的に権利行使が行われなかった部分を特別損益として計上します。
発行企業が区分法の会計処理を適用ならば、取得者側も区分法で処理しなくてはなりません。






スポンサードリンク

新株予約権

新株予約権の発行

1年9月30日、新株予約権を10個発行。
新株予約権の払込金額:1個につき@10

発行側
当座預金 100  新株予約権 100①

①@10×10個
010930新株予約権

購入側
その他有価証券 100  当座預金 100




権利行使(新株発行時)

1年10月31日、新株予約権を1個権利行使。
新株予約権1個につき10株。
行使価額は1株につき@10。

発行側
普通預金 100①  資本金 100①
新株予約権 10②  資本金 10②

①新株発行分を資本金へ @10×10株×1個
②権利行使した新株予約権を資本金へ

011031権利行使

購入側
その他有価証券 110③ 普通預金 100①
        その他有価証券 10②

①株式購入分
②新株予約権行使分 @10×10株×1個
③株式購入100+新株予約権10



権利行使(自己株式から)

1年11月30日、新株予約権を1個権利行使。
新株予約権1個につき10株。
行使価額は1株につき@10。
帳簿価額1株につき@9の自己株式を移転した。

発行側
普通預金 100①  自己株式 90②
     その他資本剰余金 10③
新株予約権 10④  資本金 10④

①入金@10株×10
②自己株式移転@9×10株×1個
③差額、自己株式処分差益
④権利行使した新株予約権を資本金へ
011130権利行使(自己株)

購入側
その他有価証券 110③ 普通預金 100①
        その他有価証券 10②

①株式購入分
②新株予約権行使分 1個×@10
③株式購入100+新株予約権10



権利行使期限終了時

発行側
新株予約権 80①  新株予約権戻入益 80

①8個(権利未行使分)×10
020331権利行使期限

購入側
新株予約権未行使損 80① その他有価証券 80

①8個(権利未行使分)×10






スポンサードリンク

新株予約権付社債

新株予約権付社債の発行時

新株予約権付社債:
・額面総額1,000を、額面金額で発行。
・計10口。
新株予約権:
・1個につき@10
・1口につき1個新株予約権を付す。

発行側
普通預金 1,000 新株予約権付社債 1,000①
普通預金 100②  新株予約権 100②

①新株予約権付社債
②新株予約権@10×10口

購入側
その他有価証券 1,000①  普通預金 1,000
その他有価証券 100②  普通預金 100②

①新株予約権付社債
②新株予約権



権利行使(新株発行時)

1年10月31日、新株予約権を1個権利行使。
新株予約権1個につき10株。
行使価額は1株につき@10。

発行側
普通預金 100①  資本金 100①
新株予約権 10②  資本金 10②

①新株発行分を資本金へ @10×10株×1個
②権利行使した新株予約権を資本金へ

011031権利行使

購入側
その他有価証券 110③ 普通預金 100①
        その他有価証券 10②

①株式購入分
②新株予約権行使分 @10×10株×1個
③株式購入100+新株予約権10



権利行使(自己株式から)

1年11月30日、新株予約権を1個権利行使。新株予約権1個につき10株で行使価額は1株につき10。
帳簿価額1株9の自己株式を移転した。

発行側
普通預金 100①  自己株式 90②
     その他資本剰余金 10③
新株予約権 10④  資本金 10④

①入金10株×@10
②自己株式移転@9×10株×1個
③差額、自己株式処分差益
④権利行使した新株予約権を資本金へ
011130権利行使(自己株)

購入側
その他有価証券 110③ 普通預金 100①
        その他有価証券 10②

①株式購入分
②新株予約権行使分 1個×10
③株式購入100+新株予約権10



権利行使期限終了時

発行側
新株予約権 80①  新株予約権戻入益 80

①8個(権利未行使分)×10
020331権利行使期限

購入側
新株予約権未行使損 80① その他有価証券 80

①8個(権利未行使分)×10




 関連記事

 ・自己株式
 ・株主資本等変動計算書
 ・ストック・オプション
 ・【会計基準】ストック・オプションに関する会計基準(わかりやすく解釈)
 ・【会計基準】自己株式及び準備金の額の減少等に関する会計基準(わかりやすく解釈)



 - 純資産


1番上へ