車両の買換え





車両の買換えの場合は、
・古い車両の仕訳
・新しい車両の仕訳
 を合算します。

下取価格が時価より高く売れた場合
その差額は、新しく購入した固定資産の値引と考えます。
古い車両の仕訳では売却金額を時価を用い、下取り価格と時価の差額である値引分は、新しく購入した固定資産から控除します。






買換え

旧車(下取り品)

現在の乗っている車の取得価額1,000で定額法、耐用年数4年、残存価額ゼロで
当期首減価償却累計額が500とします。
買換えは当期末に行い、下取り価格は300とします。

減価償却累計額 500   車両 1,000
減価償却費 250①    車両売却益 50②
現金 300

①1,000(取得価額)÷4(耐用年数)
②差額



新車

新車は3,000で現金で支払い。

車両 3,000    現金 3,000




旧車、新車の仕訳を合算

減価償却累計額 500 車両 1,000
減価償却費 250   車両売却益 50
車両 3,000     現金 2,700




下取価格が時価より高く売れた場合

旧車(下取り品)

現在の乗っている車の取得価額1,000で定額法、耐用年数4年、残存価額ゼロで
当期首減価償却累計額が500とします。
買換えは当期末に行い、時価は300、下取り価格は500とします。

減価償却累計額 500  車両 1,000
減価償却費 250①   車両売却益 50③
現金 300②

①1,000(取得価額)÷4(耐用年数)
②時価
③差額



新車

新車は3,000で現金で支払い。

車両 3,000    現金 3,000




下取り額と時価との差額(値引)

現金 200    車両 200①

①下取り価格500‐時価300



旧車、新車、値引の仕訳を合算

減価償却累計額 500 車両 1,000
減価償却費 250   車両売却益 50
車両 2,800     現金 2,500











 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする