社債(買入償還)定額法


資料

3年後に償還予定
当期首4月1日に発行
額面金額:10,000
払込金額:9,500
実行利子率:2.76%
クーポン利子率:1%
2年9月30日に3,000を買入償還
買取金額は、額面100につき96で買入償還。

2社債 買入償還 時系列




1期目

時系列

10社債 買入償還 時系列 1期目


発行時

当期首に社債を発行した。
額面金額:10,000
払込金額:9,500

発行時仕訳

借方金額貸方金額
現金預金9,500社債9,500

社債利息法 1期目 期首



社債帳簿価額を分割
社債の帳簿価額を、買入償還分と満期償還分に分割します。




クーポン利息支払時

期末にクーポン利子を支払。

借方金額貸方金額
社債利息100現金預金100①

①クーポン支払額は、社債額面×クーポン利子率です。100=10,000×1%




金利調整差額

額面総額は10,000で、払込総額は9,500です。
この差額が金利調整差額です。
この差額を期末に加減算します。
定額法で満期償還が3年なので、差額を1/3ずつ償還していきます。

しかし買入償還があるため、買入償還分と、満期償還分と分けて計上します。

買入償還分

借方金額貸方金額
社債利息50社債50①

①(額面総額-払込総額)÷3(年)
(3,000―2,850)÷3



満期償還分

借方金額貸方金額
社債利息116社債116①

①(額面総額-払込総額)÷3(年)
(7,000-6,650)÷3




B/S(一部)

BS 1期目 期末



2期目

時系列

20社債 買入償還 時系列 2期目




社債償還

2年9月30日に、額面総額10,000のうち3,000を、買入償還をおこなった。
買取金額は、額面100につき96で買入償還。

流れ
・買入償還までのクーポン利息を計上します。
・買入償還までの償還分を計上します。
・社債の買入分を計上します。
・上記の仕訳を合算します。
・差額は社債償還益(損)となります。

クーポン利息

借方金額貸方金額
社債利息15現金預金15①

①クーポン支払額は、社債額面×クーポン利子率。3,000×1%×6ヶ月



償還分計上
買入償還時までの償還分を計上

借方金額貸方金額
社債利息25①社債25

①(3,000-2,850)÷3年×6か月÷12ヶ月

社債 帳簿価額 2期目 買入償還分

これで、買入償還時の額面総額3,000分の帳簿価額は、2,950となりました。



買入償還

借方金額貸方金額
社債2,950①現金預金2,880①
買入償還益70③

①額面総額3,000分を100あたり96で買いとるので、
3,000×96÷100となり、
2,880で買い取ることになります。
②帳簿価額は、上記で求めた2,950となります。
③帳簿価額と買取金額の差額は、社債償還益(損)となります。
2,950(帳簿価額)-2,880(買取金額)=70




金利調整差額

額面総額7,000分の金利調整差額を計上します。

借方金額貸方金額
社債利息116社債116①

①(額面総額-払込総額)÷3(年)
(7,000-6,650)÷3
社債 帳簿価額 2期目 期末 金利調整差額




2期目 B/S(一部)

BS 2期目 期末








3期目 当期首B/S(一部)

30社債利息法 3期目 期首

31社債利息法 3期目 時系列






3期目 クーポン利息支払時

クーポン利息

期末にクーポン利子を受け取った

借方金額貸方金額
??????現金預金 100①

①クーポン支払額は、社債額面×クーポン利子率です。
10,000×1%




実際利子の算定

B/S上の社債に、実行利子率(クーポン利子と金利調整差額を合計)の算定をします。

借方金額貸方金額
社債利息271①現金預金100
??????

①払込金額×実行利子率
9,829×2.76%=271(小数点以下四捨五入)
なお、実行利子をかける金額は、現在B/Sの社債金額になります。




金利調整差額

全体の利息である実行利子率に、クーポン利息を差引いた金額が、金利調整差額となります。

借方金額貸方金額
社債利息271現金預金100
社債171①

①差額
33 社債利息法 3期目 実行利子率




金利調整差額 計上後

35社債利息法 3期目 BSPL 金利調整差額計上後






社債 満期償還

当期末で発行した社債が満期になったので、償還します。

借方金額貸方金額
社債10,000現金10,000

36社債利息法 3期目 BSPL 期末