商品有高帳(移動平均法)





前提条件

期首残高試算表
期首繰越商品の内訳
50個×100(単価)






移動平均

4/5 仕入

単価105を80個仕入れた。
移動平均 0405仕入
①20個(前期繰越 数量)+80個(今回仕入数量)
②2,000(前期繰越金額)+8,400(今回仕入金額)
③平均単価を出します。10,400(合計金額)÷100(合計数量)



4/10 売上

50個を売り上げた。
移動平均 0410売上
①単価は前回の平均単価104。
②100個(前回までの合計数量)-50個(今回売上数量)
③単価は前回の平均単価104。
④50(個)×104(単価)



4/15 仕入

単価110を100個仕入れた。
移動平均 0415仕入
①50個(前回までの合計数量)+100個(今回仕入数量)
②5,200(前回までの合計金額)+11,000(今回仕入金額)
③平均単価を出します。16,200(合計金額)÷150個(合計数量)



4/20 売上

120個売り上げた。 
移動平均 0420売上
①単価は前回の平均単価108。
②150個-120個
③単価は前回の平均単価108。



4/30 月末

次期繰越
移動平均 0430次期繰越1
前回の残高分を次期繰越に転記します。



受入、払出合計一致
移動平均 0430合計2
受入の縦数量合計と、縦払出数量合計が一致します。
また、受入の縦金額合計と、払出の縦合計が一致します。

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村