(当期純)利益と手持ち現金のズレはなにか?

スポンサーリンク

1年間経営をして、本日、顧問税理士事務所の人が来ました。

顧問担当者
顧問担当者

こちらが、〇年度の貸借対照表と損益計算書になります。

経営者
経営者

お、〇年度の当期純利益は1,000万円か。
これを元手に、1,000万円の機械を買って更に増産するか!

 

顧問担当者
顧問担当者

しかし社長。実際の現金はそこまでありません。

経営者
経営者

利益が増えた分は、そのまま現金に反映するわけではないのか。

顧問担当者
顧問担当者
そのとおりです。
それでは、(当期純)利益の数字と、現金預金のずれを見ていきましょう。

 

このずれを見ていくには、キャッシュフロー計算書の間接法を理解していると、説明ができます。
それでは、簡単な仕訳で、「利益」と「お金」のズレを見ていきましょう。

(わかりやすくするため税金は考慮しません。)

スポンサーリンク

仕訳

仕入

当期、商品を500万円仕入れた。
うち、50万円未払い。

借方金額(万円)貸方金額(万円)
仕入500現金預金450
買掛金50

 

売上

当期、1,510万円売上げた。
うち、150万円未入金。

借方金額(万円)貸方金額(万円)
現金預金1,360売上1,510
売掛金150

 

減価償却費

期末に減価償却費10万円を計上した。

借方金額(万円)貸方金額(万円)
減価償却費10減価償却累計額10

これで、1年の仕訳ができました。
実際に貸借対照表、損益計算書を見ていきましょう。

 

貸借対照表、損益計算書

貸借対照表

現金預金80買掛金50
売掛金150
有形 固定資産30純資産
減価償却累計額△ 10資本金200
総資産250負債・純資産合計250

損益計算書

売上1,510
仕入500
売上総利益1,010
減価償却費10
営業利益1,000
税引前当期純利益1,000
税引後当期純利益1,000

 

それでは、ひとつずつ仕訳からキャッシュ・フロー計算書の間接法を見ていきます。

 

スポンサーリンク

キャッシュ・フロー計算書(間接法)

税金等調整前当期純利益から始まるということは?

キャッシュ・フロー計算書の間接法は、税引前当期純利益から始まります。

税金等調整前当期純利益

ということは、
税金等調整前
となります。

言い換えれば、
税金等調整前当期純利益 1,000
の内訳は、
・売上 1,510
・仕入 -500
・減価償却費 -10
ということになるのです。

ここから、現金の収入、支出していないものを調整していくのです。
このように考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

それでは1科目ずつ見ていきましょう。