他勘定振替高・棚卸減耗費・商品評価損

スポンサーリンク
スポンサーリンク


前提条件

10決算整理前残高試算表 棚卸
期末帳簿棚卸高 :40個 単価(原価)10
実地棚卸高   :17個
 不足分内訳
 ・火災による損失:15個
 ・見本品として提供:5個
 ・棚卸減耗費:3個
品質低下   : 2個 正味売却価額単価6
上記以外の正味売却価額:単価9
見積販売直接経費:1
棚卸減耗費および商品評価損は売上原価とする。

売上原価の算定

期末商品には、帳簿個数から原価でない災害損失個数、見本品個数を差引いた個数になります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 100 繰越商品 100
繰越商品 ①200 仕入 200

①[40個(帳簿個数)-15個(災害損失個数)-5個(見本品個数)]×@10(1個当たり原価)

20PL(他勘定振替高)1

期末商品は、実地棚卸高20個×原価10=200となり、結果売上原価は900となりました。
しかしこのままですと、火災損失、見本品費が売上原価に算入されてしまいます。
そこで、他勘定振替高を用いて、火災損失は特別損失へ、見本品費は販管費に振り替えます。

他勘定振替高

火災による損失した商品

火災による損失:15個 原価:10

借方 金額 貸方 金額
災害損失 150 仕入① 150

①PL上は災害損失振替高




見本品として提供した商品

見本品として提供:5個 原価:10

借方 金額 貸方 金額
見本品費 50 仕入① 50

①PL上は見本品費振替高
21PL(他勘定振替高)2

棚卸減耗費

期末帳簿棚卸高:20個 単価(原価)10
実地棚卸高  :17個

棚卸減耗費

帳簿上では20個でしたが、期末実地棚卸調査では17個でした。
この差額が棚卸減耗費となります。
単価は原価である10を用います。
@10×(20個-17個)=30



費用として棚卸減耗費を計上し、商品が減少したので繰越商品を減少させます。

借方 金額 貸方 金額
棚卸減耗費 30 繰越商品 30








品質低下分

期末帳簿棚卸高:20個 単価(原価)10
品質低下    : 2個 正味売却価額単価6
見積販売直接経費:1

40品質低下



正味売却価額は、売価-(見積追加製造原価+見積販売直接経費)なので、
5(正味売却額)=6(売価)-1(見積販売直接経費)



原価単価10に対し、正味売却価額が5なので減額分が品質低下となります。
品質低下の品物が2個あることから
(@10-@5)×2個=10
となります。



費用として商品評価損を計上し、商品価値が減少したので繰越商品を減少させます。

借方 金額 貸方 金額
商品評価損 10 繰越商品 10




その他正味売却価額を下回った場合

期末帳簿棚卸高 :20個 単価(原価)10
実地棚卸高   :17個
品質低下    : 2個 正味売却価額単価6
上記以外の正味売却価額:単価9
50その他評価損



正味売却価額は、売価-(見積追加製造原価+見積販売直接経費)なので、
8(正味売却額)=9(売価)-1(見積販売直接経費)



原価単価10に対し、正味売却価額が8なので減額分が評価損となります。
数量は、実地棚卸17個-品質低下2個=15個となります。
(@10-@8)×15個=30



費用として商品評価損を計上し、商品価値が減少したので繰越商品を減少させます。

借方 金額 貸方 金額
商品評価損 30 繰越商品 30