キャッシュ・フロー計算書 間接法① 営業外・特別損益





はじめに

キャッシュ・フロー計算書 間接法全体像

キャッシュ・フロー計算書の直接法と間接法は、下記の図のように営業キャッシュ・フローの小計までが異なり、小計以降は同じ様式・計算方法になります。

CF間接法 全体像


間接法 調整項目

間接法の調整項目次の3つがあります。
①営業外損益・特別損益
②非資金損益項目
③資産・負債の増減

1CF営業外損益特別損益 概要

最初に①営業外損益・特別損益を見ていきます。

税引前当期純利益から始まる間接法を、営業活動によるキャッシュ・フローを導くため、営業外損益・特別損益を加減算します。






資料

10CF営業外損益特別損益 BS

11CF営業外損益特別損益 PL






営業外収益 受取利息及び配当金

P/Lの営業外収益に受取利息が140あります。
受取利息及び配当金の収入は営業外収益です。
営業活動から得られた収入ではありません。

そのため、税引前当期純利益から導かれた間接法では、収益として加算しているため、減算することにより除去することができます。

20CF間接費 受取利息配当金

以上のことから、キャッシュ・フロー計算書では、
受取利息及び受取配当金 △140
となります。





支払利息

P/Lの営業外費用に支払利息が20あります。
支払利息は営業外費用です。営業活動による支出ではありません。

そのため、税引前当期純利益から導かれた間接法では、費用として減算しているため、加算することにより除去することができます。

30CF間接費 支払利息

以上のことから、キャッシュ・フロー計算書では、
支払利息 20
となります。






為替差損

P/Lに為替差損が10あります。
為替差損は営業外費用です。営業活動による支出ではありません。

そのため、税引前当期純利益から導かれた間接法では、費用として減算しているため、加算することにより除去することができます。

40CF間接費 為替差損

以上のことから、キャッシュ・フロー計算書では、
為替差損 10
となります。





固定資産売却益

P/Lに固定資産売却益が30あります。
固定資産売却益は特別利益です。営業活動による収入ではありません。

そのため、税引前当期純利益から導かれた間接法では、収益として加算しているため、除去するためには減算します。

50CF間接費 固定資産売却益

以上のことから、キャッシュ・フロー計算書では、
固定資産売却益 30
となります。






キャッシュ・フロー計算書の小計と損益計算書の営業利益

上記の調整の結果、キャッシュ・フロー計算書の小計と損益計算書の営業利益が一致しました。

60CF間接費 CF PL 一致

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする