本支店会計(期中)

スポンサーリンク


本店と支店の取引は、本店→支店、支店→本店の勘定を用います。
まず当事者が影響した科目を考え、その後相手勘定を支店、もしくは本店(いわゆる相手先)の仕訳をします。

本支店間で仕入・売上取引があった場合には、
売上の場合:(売上先)へ売上
仕入の場合:(仕入先)より仕入
の仕訳を行います。

現金郵送時

本店が支店に100円送金した場合。

本店側
支店 100     現金 100

↑相手勘定     ↑現金が減少

支店側
現金 100     本店 100

↑現金が増加    ↑相手勘定



支店が本店の買掛金200円を現金で支払った場合

本店側
買掛金 200     支店 200

↑本店の買掛金減少  ↑相手勘定

支店側
本店 200     現金 200

↑相手勘定     ↑現金が減少

商品発送取引

本店が支店に、100円の商品に50円の利益をのせて販売

本店側
支店 150     支店へ売上 150

↑相手勘定     ↑売上

支店側
本店より仕入 150   本店 150

↑仕入         ↑相手勘定



支店間取引

支店分散計算制度

A支店は、B支店に商品100(利益10%上乗せ済)を送付。

A支店
B支店 100   B支店売上 100


B支店
A支店より仕入 100   A支店 100


本店
仕訳なし




本店集中計算制度

A支店は、B支店に商品100(利益10%上乗せ済)を送付。

A支店
本店 100   本店へ売上 100


B支店
本店より仕入 100   本店 100


本店
B支店 100   A支店 100