資本的支出、収益的支出


前提条件

当期首に建物の改修工事をおこない、1,000を支払った。相手勘定は、仮払金としている。
この改修工事で6年延長され10年となった。

建物については、下記のとおりである。
取得原価:10,000
減価償却累計額:7,500
残存価額:0
耐用年数:20年
取得時からの経過年数:16年



増加した年数のうち、既存年数部分は、収益的支出、増加年数部分は資本的支出となります。

10時系列

まず、収益的支出から求めていきます。




収益的支出

期首では、既存未償却年数は4年あります。この年数部分は収益的年数となります。

20時系列 収益的支出

1,000(改修工事費用)×4(既存未償却年数)÷10(償却年数)
=400

収益的支出は修繕費となります。
支払時に仮払金としているので、仕訳は

借方金額貸方金額
修繕費400仮払金400

となります。



資本的支出

改修工事により、6年延長されました。

30時系列 資本的支出

1,000(改修工事費用)×6年(増加年数)×10(償却年数)
=600

資本的支出は、固定資産の増加となります。

借方金額貸方金額
建物600仮払金600


期末 減価償却費計上

借方金額貸方金額
減価償却費310①減価償却累計額310

①(取得原価-減価償却累計額+資本的支出)÷新残存年数
(10,000-7,500+600)÷10=310