ストック・オプション





1期 ストック・オプション付与、新株予約権計上(見積)

期首 ストック・オプション付与時

1年4月1日に従業員10名にストック・オプションを1人当たり2個付与(合計20個付与)。
ストック・オプションの評価単価:10
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20
決算日は3月31日
対象勤務期間:1年4月1日~3年3月31日
権利行使期間:3年4月1日~5年3月31日
ストックオプション時系列

ストック・オプション付与時仕訳

仕訳なし

1期期首



決算時 新株予約権計上(見積)

付与対象の従業員:10名
見積退職者:2名
ストック・オプションの評価単価:10
ストック・オプション付与数:1人当たり2個
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20

当期は来年までの実際退職者はわからないため、見積ストック・オプション付与人数で計算します。

株式報酬費用 80① 新株予約権 80

①公正な評価単価×ストックオプション数
ストックオプション数=(付与人数-権利不確定人数)×一人当たり付与数
10(公正な評価単価)×[10(付与人数)-2(権利不確定人数)]×2(一人当たり付与数)

見積を用いた対象勤務期間は160となりました。
しかし、この160は2年間分であるため、当期分のみを計上します。
160×12(ヶ月)÷24(ヶ月)=80
ストックオプション時系列(1期)






2期 新株予約権計上(確定)

付与対象の従業員:10名
実際退職者:3名
ストック・オプションの評価単価:10
ストック・オプション付与数:1人当たり2個
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20

決算時

当期で実際退職者が確定しましたので、実際ストック・オプション付与人数で計算します。

株式報酬費用 60① 新株予約権 60

①10(公正な評価単価)×[10(付与人数)-3(権利不確定人数)]×2(一人当たり付与数)
対象勤務期間は140となりました。
前期に80計上していたので、当期分は差額となり
140-80=60
となります。
ストックオプション時系列(2期)





3期 権利行使(新株)

4年10月1日にストック・オプション2個の権利行使があり、新株を発行。
ストック・オプションの評価単価:10
ストック・オプション付与数:1人当たり2個
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20
ストックオプション時系列(3期)



決算時

現金預金 400① 資本金 440
新株予約権 40②

①20×2個×5株×2人 
②1株当たり払込金額×権利行使人数
1株当たり払込金額=1株当たり払込金額×1人当たりストック・オプション付与数×1個当たり株式付与数
10(公正な評価単価)×2(付与人数)×2(一人当たり付与数)

3期期末







4期 権利行使(自己株式)、権利行使期間終了

5年9月30日にストック・オプション2個の権利行使があり、自己株式を発行(帳簿価額400)。
ストック・オプションの評価単価:10
ストック・オプション付与数:1人当たり2個
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20
ストックオプション時系列(4期中)

期中 権利行使(自己株式)

現金預金 400① 自己株式 400③
新株予約権 40② その他資本剰余金 40④

①20×2個×5株×2人
②10(公正な評価単価)×2(付与人数)×2(一人当たり付与数)
③自己株式帳簿価額
④差額
4期期中



決算時 権利行使期間終了

権利行使期間終了
ストック・オプションの評価単価:10
ストック・オプション付与数:1人当たり2個
権利行使により与えられる株数:1個あたり5株
権利行使時の株式払込金額:1株当たり20
ストックオプション時系列(4期末)

新株予約権 60① 新株予約権戻入益 60

①10(公正な評価単価)×(7(個)-2(個)-2(個)(付与人数)×2(一人当たり付与数)=60

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする