受取手形・為替手形





受取手形割引時

前期末は債権残高に貸倒実績率1%を引当設定。
保証債務は額面に対し1%を計上。



受取手形 割引時

前期受取った受取手形1,000を銀行にて100で割引き、残額900を受取。

現金預金 900 受取手形 1,000
手形売却損 100
貸倒引当金 10 貸倒引当金戻入 10
保証債務費用 10 保証債務 10

下記を合算

現金預金 900  受取手形 1,000
手形売却損 100

上記の債権が減少したため、貸倒引当金を戻す処理

貸倒引当金 10① 貸倒引当金戻入 10

①1,000×前期貸倒実績率1%

保証債務計上

保証債務費用 10①  保証債務 10

①1,000(受取手形)×1%(保証債務率)




決済時

銀行で割引いた手形が無事決済された

保証債務 10 保証債務取崩益 10





為替手形

A社は、仕入先B社の買掛金100円の支払があります。
この支払に対し、売掛金がある得意先C社に了承を得て為替手形を振り出し、B社に渡しました。

仕訳のイメージとしては下記のようになります。


為替手形



A社の仕訳

買掛金 100① 売掛金 100②

①B社分減少
②C社分減少
為替手形 A社




B社の仕訳

売掛金分を、為替手形で受け取ったため、受取手形を増加させます。

受取手形 100① 売掛金 100②

①C社分増加
②A社分減少
為替手形 B社



C社の仕訳

買掛金残高のあるA社からの依頼により、A社の買掛金を減少させて、B社に対する支払手形を増額します。

買掛金 100① 支払手形 100②

①A社分減少
②B社分増加
為替手形 C社

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする