本支店会計(個別決算)

スポンサーリンク


スポンサーリンク

概要

個別決算と合併財務諸表

本支店会計として、本店・支店別で個々の損益を求める個別決算と、本店と支店を合算する合併財務諸表があります。
本記事では、本店・支店別で個々の損益を求める個別決算を見ていきます。


個別決算と合併財務諸表(個別決算)




個別決算の流れ

本支店会計の決算時における処理の流れを図にしました。


0本支店 流れ

スポンサーリンク

前提条件

1決算整理前残高試算表












スポンサーリンク

未達取引

1本支店流れ(個別決算)未達取引

本店から支店へ売上100が、支店側で未着のため未仕訳
支店側

借方金額貸方金額
本店より仕入100本店100

1-2決算整理前残高試算表 未達(一致)

スポンサーリンク

決算整理(本店・支店)

2本支店流れ(個別決算)決算整理

支店

売上原価算定
本店の期末商品:250
支店の期末商品:165(すべて本店からの仕入分。未達分は含まず。)
本店は支店売上時に10%利益を乗せて販売している。

借方金額貸方金額
仕入100繰越商品100
仕入500本店より仕入500①
繰越商品265②仕入265

①本店より仕入れを仕入に振替
100(未達分)+400(決算整理前残高試算表)
100(未達分)+165(期末商品)



減価償却費
定額法で残存価額はゼロ、5年処理。

借方金額貸方金額
減価償却費40①減価償却累計額40

①200÷5(販管費へ)




本店

売上原価算定
本店の期末商品:250
支店の期末商品:165(すべて本店からの仕入分)
本店は支店売上時に10%利益を乗せて販売している。

借方金額貸方金額
仕入200繰越商品200
繰越商品250仕入250

減価償却費
定額法で残存価額はゼロ、5年処理。

借方金額貸方金額
減価償却費80①減価償却累計額80

①400÷5(販管費へ)

2決算整理後残高試算表

スポンサーリンク

決算振替

3本支店流れ(個別決算)決算振替




支店の収益・費用を損益勘定に振替

借方金額貸方金額
売上600損益600①
損益575②仕入485
販管費90

①収益
②費用




支店損益を本店に振替

支店には、純資産はありません。そのため、支店の損益は本店に純資産(繰越利益)に組み入れます。
支店 損益

借方金額貸方金額
損益25本支店25

支店損益




本店の収益・費用を損益へ振替

借方金額貸方金額
売上1,100損益1,500①
支店へ売上400
損益930②仕入500
販管費430

①収益
②費用




繰延内部利益 振替

支店の期末棚卸分に含まれる本店が上乗せした利益を控除します。

借方金額貸方金額
繰延内部利益③10①繰延内部利益戻入④10
繰延内部利益控除④24②繰延内部利益③24

①前期計上分 試算表から
②[支店の期末棚卸(本店からの仕入)+未達分(本店から)]×利益率÷(1+利益率)
=(165+100)×0.1÷1.1
=24.09→24(1円未満切捨)
③B/S項目
④P/L項目




繰延内部利益戻入・控除 振替

上記では、本店が支店に売上時に乗せた利益を控除する仕訳でした。
すなわち、利益を計上した本店で、繰延内部利益戻入・控除を計上します。

今回求められているのは損益ですので、P/L科目である、繰延内部利益戻入と、繰延内部利益控除を損益に振替えます。

借方金額貸方金額
繰延内部利益戻入10損益10
損益24繰延内部利益控除24

本店損益