子会社株式追加取得、一部売却

スポンサーリンク


スポンサーリンク

段階取得による支配獲得 1期目

期首

投資有価証券は、前期にB社株式10%を100で取得したもの
1期 期首



B社株式追加取得→支配獲得

期末にB社株式70%を1,000で取得

借方金額貸方金額
子会社株式1,000現金預金1,000
子会社株式100その他有価証券100①

①B社の株式を80%取得したのでB社を子会社化。
投資有価証券で計上した分を子会社株式へ振替。




段階取得に係る差損

期末時点B社株式保有分(80%分)の時価は1,200

借方金額貸方金額
子会社株式100①段階取得に係る差益100

①1,200(時価)-1,100(B社株式帳簿価額)、利益剰余金




子会社の資産・負債の評価

土地 帳簿価額:400
   時価  :500

借方金額貸方金額
土地100①繰延税金負債40②
評価差額60③

①500(時価)-400(帳簿価額)
②(時価-帳簿価額)×40%(法定実効税率)
③差額




支配獲得日における相殺消去

B社の発行済株式の80%を1,200で取得。
子会社の取得時帳簿価額

借方金額貸方金額
資本金1,000① / 子会社株式1,200
繰越利益剰余金100非支配株主持分①240
その他有価証券評価差額金40
評価差額60
のれん240②

①(資本金1,000+繰越利益剰余金100+その他有価証券評価差額金10+評価差額60)×非支配株式持分20(%)
②差額

スポンサーリンク

支配獲得後、追加取得 2期目

B社株式追加取得

期末に10%を148で取得。

借方金額貸方金額
子会社株式148現金預金148




開始仕訳

子会社の資産・負債の評価

借方金額貸方金額
土地100①繰延税金負債40②
評価差額60③





支配獲得日における相殺消去

借方金額貸方金額
資本金1,000子会社株式1,200
利益剰余金当期首残高100非支配株主持分当期首残高240
その他有価証券評価差額金 40
評価差額60
のれん240




当期末仕訳

のれんの償却
10年で償却。

借方金額貸方金額
のれん償却24①のれん24

①240÷10=24





子会社当期純利益の非支配株主分振替
子会社当期純利益は100。

借方金額貸方金額
非支配株主に帰属する当期純利益20非支配株主持分当期変動額20①

①100(子会社当期純利益)×20%(非支配株主持分)
当期追加取得10%分は期末なので含まない





追加取得による修正消去仕訳

借方金額貸方金額
非支配株主持分当期変動額130②子会社株式148①
資本剰余金18③

①B社株式追加取得分
②[1,000(資本金)+100(利益剰余金)+100(子会社当期純利益)+40(その他有価証券評価差額金)+60(評価差額)]×10%
③差額

スポンサーリンク

子会社株式の一部売却 3期目

期末にB社株式20%を350で売却

開始仕訳

子会社の資産・負債の評価

借方金額貸方金額
土地100①繰延税金負債40②
評価差額60③





支配獲得日における相殺消去

借方金額貸方金額
資本金1,000子会社株式1,200
利益剰余金当期首残高100非支配株主持分当期首残高240
その他有価証券評価差額金40
評価差額60
のれん240





のれんの償却

借方金額貸方金額
利益剰余金当期首残高24のれん24





子会社当期純利益の非支配株主分振替
子会社当期純利益は100。

借方金額貸方金額
利益剰余金当期首残高20非支配株主持分当期首残高20





追加取得による修正消去仕訳

借方金額貸方金額
非支配株主持分当期首残高130子会社株式148
資本剰余金18




当期末仕訳

のれんの償却

借方金額貸方金額
のれん償却24①のれん24

①(240-24+18)÷(10-1)=24





当期純利益の振替
当期純利益は200。

借方金額貸方金額
非支配株主損益20①非支配株主持分当期変動額20

①200×10%=20
当期20%売却分は、期末に売却したため考慮しない。





子会社売却損益の修正

借方金額貸方金額
子会社株式 270①非支配株主持分当期変動額320③
子会社株式売却益80②資本剰余金30④

①1,348(簿価)×20%=270
②350(売却額)-270(簿価)=80
③[1,000(資本金)+100(期首繰越利益剰余金)+100(B社当期純利益)+40(その他有価証券評価差額金)+60(評価差額)+100(前期純利益)+200(当期純利益)]×20%(売却割合)
④差額