商品有高帳(先入先出法)

スポンサーリンク


前提条件

期首残高試算表
期首繰越商品の内訳
50個×100(単価)




4/5 仕入

単価105を80個仕入れた。
先入先出 0405仕入

①前期繰越分(単価100)と今回仕入分(単価105)は単価が異なるため、残高には別々に記載します。
②1段目は前期繰越分数量、2段目は今回仕入数量
③1段目は前期繰越分金額、2段目は今回仕入金額




4/10 売上

50個を売り上げた。
先入先出 0410売上

①先入先出法を用いていることから、まず単価100数量20個から払出ます。
②次に単価105数量80個から30個を差引きます。
結果残高は、単価105が50個となりました。




4/15 仕入

単価110を100個仕入れた。
先入先出 0415仕入

①4/5仕入分(単価105)と今回仕入分(単価110)は単価が異なるため、残高には別々に記載します。
②1段目は4/5仕入分数量、2段目は今回仕入数量
③1段目は4/5仕入分金額、2段目は今回仕入金額




4/20 売上

120個売り上げた。 
先入先出 0420売上

①先入先出法を用いていることから、まず単価105数量50個から払出ます。
次に単価110数量100個から70個を差引きます。
結果残高は、単価110が30個となりました。




4/30 月末

次期繰越
先入先出 0430次期繰越1

前回の残高分を次期繰越に転記します。




受入、払出合計一致

先入先出 0430合計2

受入の縦数量合計と、縦払出数量合計が一致します。
また、受入の縦金額合計と、払出の縦合計が一致します。