繰延資産






繰延資産の償却年数

5年以内
・創立費:会社設立から5年以内に定額法で償却。
・開業費:開業から5年以内に定額法で償却。


3年以内
・株式交付費:株式交付から3年以内に定額法で償却。


その他
・社債発行費:社債発行時から償還までの期間で、利息法もしくは定額法で償却。






1期目

創立費

会社を設立し、設立費用100を現金で支払い。

創立費 100 / 現金 100


開業費

期首から始める開業の為の費用200を現金で支払い。

開業費 200 / 現金 200




決算時

創立費

創立費償却 20① / 創立費 20

①100÷5年



開業費

開業費償却 40① / 開業費 40

①200÷5年





2期目

株式交付費

期首に新株を発行し、その際かかった費用150を現金で支払い。

株式交付費 150 / 現金 150


社債発行費

社債を発行(償還日は5年後)し、その際にかかった費用250を現金で支払い。

社債発行費 250 / 現金 250




決算時

創立費

創立費償却 20① / 創立費 20

①100÷5年



開業費

開業費償却 40① / 開業費 40

①200÷5年



株式交付費

株式交付費償却 50① / 株式交付費 50

①150÷3年



社債発行費
償還日は5年後で、定額法で行う。

社債発行費 50① / 社債発行費 50

①250÷5年(償還年数)

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログランキング

にほんブログ村 資格ブログ 税理士試験へ
にほんブログ村