外貨建有価証券






外貨建有価証券の仕訳をまとめました。
外貨建有価証券 仕訳まとめ

期末評価は下記のように求めます。
売買目的有価証券
(期末時価-取得原価)×決算時為替相場

満期保有目的債権
・金利調整差額
 (金利調整差額(ドル)÷償却年数)×期中平均相場
・期末評価
 A-B
 A:[取得原価(ドル)+金利調整差額(ドル)]×決算時為替レート
 B:取得原価(円)+金利調整差額(ドル)×期中平均相場

その他有価証券(債券、金利調整差額ありの場合)
・金利調整差額
(金利調整差額(ドル)÷償却年数)×期中平均相場
・期末評価
 A-B
 A:時価(ドル)×決算時為替レート
 B:取得原価(円)+金利調整差額(ドル)×期中平均相場






売買目的有価証券

当期首に売買目的で有価証券10ドルを、1ドル=90円で取得。
期末時価は11ドルで、期末時1ドル=100円

有価証券 200① 有価証券評価損益 200

①(11ドル×100)-(10ドル×90)



満期保有目的債権

取得時

当期首に取得
額面金額100ドル
取得価額:90ドル
取得時レート:1ドル=100円

投資有価証券 9,000① 現金預金 9,000

①90ドル×@100



決算時

決算時レート:1ドル=105円
期中平均レート:1ドル=103円
5年で償却

金利調整差額償却
投資有価証券 206① 有価証券利息 206

①(金利調整差額(ドル)÷償却年数)×期中平均相場
(100ドル-90ドル)×12ヶ月÷60ヶ月=2ドル
 円換算:2ドル×103円(期中平均レート)=206

決算時レート換算
投資有価証券 454① 為替差益 454

①A-B
 A:[取得原価(ドル)+金利調整差額(ドル)]×決算時為替レート
(90ドル(取得時)+2ドル(金利調整)×105(決算時レート)=9,660
 B:取得原価(円)+金利調整差額(ドル)×期中平均相場
9,000+2ドル×103=9,206





その他有価証券

取得時

当期首に取得
額面金額100ドル
取得価額:90ドル
取得時レート:1ドル=100円
税効果を適用し、法定実効税率は40%で小数第一位を四捨五入します。

投資有価証券 9,000① 現金預金 9,000

①90ドル×@100



決算時

決算時レート:1ドル=105円
期中平均レート:1ドル=103円
5年で償却
時価は95ドル

金利調整差額償却
投資有価証券 206① 有価証券利息 206

①(金利調整差額(ドル)÷償却年数)×期中平均相場
当期金利調整:(100ドル-90ドル)×12ヶ月÷60ヶ月=2ドル
 円換算:2ドル×103円(期中平均レート)=206

決算時レート換算
投資有価証券 769① 繰延税金負債 308②
  その他有価証券評価差額金 461③

①A-B
=9,975-9,206=769
A:決算時為替レート×時価(ドル)
@105×95ドル=9,975
B:取得原価(円)+金利調整差額(ドル)×期中平均相場
9,000円+2ドル×@103=9,206
②769×40%
③差額

 

関連記事

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする