労働時間

労働時間とは

労働時間とは、「労働者が使用者(会社)の指揮命令下に置かれた時間」
と定義されており、本来の業務のほか、制服や作業着に着替える時間、職場の清掃なども労働時間に含まれます。

法定労働時間

労働基準法では、労働時間の限度として法定労働時間を定めています。
法定労働時間の上限は、原則的に1日8時間、1週間40時間ですが、業種によっては例外が認められています。

所定労働時間

所定労働時間とは、会社が就業規則などで独自に定めている労働時間をいいます。
独自に定めるとしても、労働基準法に則って就業規則を定めなくてはならないため、法労働時間の範囲を超えて所定労働時間を設定することはできません。

法定労働時間内に業務が完遂できない場合

どうしても法定労働時間内に完遂できない場合には、労働時間延長に関する取り決めである、「36協定」を従業員と締結し、管轄の労働基準監督署に届ける必要があります。

例えば所定労働時間が9時~17時の計7時間で、18時まで仕事をしたら、1時間分の残業代が発生します。

タイトルとURLをコピーしました