キャッシュ・フロー計算書 間接法③ 資産・負債

スポンサーリンク

 

はじめに

キャッシュ・フロー計算書 間接法全体像

キャッシュ・フロー計算書の直接法と間接法は、下記の図のように営業キャッシュ・フローの小計までが異なり、小計以降は同じ様式・計算方法になります。

CF間接法 全体像

 

間接法 調整項目

間接法の調整項目は次の3つがあります。
①営業外損益、特別損益
②非資金損益項目
③資産・負債の増減

①営業外損益、特別損益、②非資金損益項目とみてきました。

間接法の小計までの最後は、③資産・負債の増減項目を見ていきます。
1キャッシュフロー資産負債

 

売上債権の増減額

前提条件

わかりやすくするため、売上と債権回収だけの取引とします。
1CF

 

債権回収高 算定

営業収入は、債権の回収が現金の動きになります。
債権回収高はどのように算定するのでしょうか。
最初に債権の流れから見ていきます。

前期末債権+当期売上債権‐債権回収高‐貸倒高=当期末債権

→債権回収高=前期末債権-当期末債権-貸倒高+当期売上債権

税引前当期純利益に、すでに売上高1,000が計上されています。
5CF

なので、
債権回収高=(前期末債権-当期末債権)-貸倒高+当期売上債権
となり、
①前期末債権-当期末債権
②貸倒高
を計上すれば債権回収高と一致するはずです。
それではまず、①前期末債権-当期末債権から見てきます。

 

①前期末債権-当期末債権

科目
債権が前期末100、当期末200と増加しています。
20CF
このため、科目は
売上債権の増加額
となります。

金額
前期末債権-当期末債権
で求めるので、
100-200=△100
となりました。
30CF

検証

貸倒引当金の増加額 10
売上債権の増加額 △100
となりました。
この金額は債権回収高と一致してるか検証してみます。

前期末債権+当期売上債権-債権回収高-貸倒高=当期末債権

100+1,000-X-20=200
X=100+1,000-20-200
X=880
債権回収高は880となりました。
これで、債権回収高と小計と一致しました。
150CF